ご挨拶
  
   現代の絵画、なかんずく油絵は多様な表現形式の時代を呈していますが、自分がどの様な指向を以って望むかは、その人の人格、趣意、教養、哲学の総てを表示、表出するものとして、極めて重要な関わりを持つものと心得ます。

 画家・前島隆宇は、極めて強固な意志を以って何処と言う絵画団体にも長年属さず、又これという師にもつかず(学生時代は別)、一貫して独自の秘めたる芸術の理念を掲げながら、今日まで邁進してきました。文字通りの苦節の年月といえるでしょう。

 画家・前島隆宇のその一貫する芸術の目標、理念といえば、世界に通ずる芸術、歴史に位置する仕事、それから油絵そのものの尊厳に価する本質的芸術を目指しているという事です。

これまでもそうして必死に邁進してきましたし、又今後も生涯にわたって一層精進していきたい所存です。

 こうした前島隆宇芸術の世界を通して、日本美術の今後の指向を確認、探って戴けたら幸いです。



 
Copyright(C) 2010 Takau Maejima All Rights Reserved.